あなたと夫の理想の家族はどこにありますか?

夫に甘えられてうれしい時も
あれば、母親じゃないんだけど!
とイライラしてしまうことも
ありますよね。

この違うは何かというと
「家族」という意識の差では
ないでしょうか。

夫にとって家族、
特に「母親」は
生まれてから、今まで
褒めてくれる
許してくれる
変わらず愛してくれる
存在です。

家族になりそして
母になったあなたに
それを無意識に
求めている夫は
少なくないでしょう。

家事や育児を「母の領域、妻の仕事」と本気で思いこんでいる夫たち

子育ては両親でするもの。

でも父親と呼ばれる
男性の中には
家事や育児を
「妻の仕事」
「母の領域」と
信じて疑わない人が
います。

そこには自分の育った
「家庭」が無意識に
基準になっているからでしょう。

いつまでたっても
夫の中では
家族=子供の立場という
意識から抜け出せないでしょう。

よく妻側から
「大きな子供」
「うちの長男は夫」
などと揶揄されますよね。

会社ではきちんと
成人男性、社会人として
働いているのに
どうして家では
いつまでも
「父親」「夫」
になれないのでしょう。

なりたい自分になるために必要なことって何ですか?

あなたはなりたい自分になるために
必要なことは何だと思っていますか?

多くの資格やスキル?
集客の極意?
それとも顧客の
心を鷲掴みにする
パフォーマンス?

確かにそれも必要なもの
であることではあります。

でもその前にあなたにとって
必要なことは
自分自身の理解です。

あなたは生まれてから死ぬまで
一生一緒にいる相棒の
自分の身体のことを
どのくらい知っていますか?

ないがしろに扱っては
いませんか?

お盆あるある?夫と24時間一緒にいるとイライラする!

最大9連休だった今年のお盆休み。24時間、夫と共に過ごすことが辛かったと
サロンを訪れたお客様はすくなくありません。
不満はとにかく顔を見るのも嫌、口をきくのも嫌だというレベルから、
結局夫はまったく「使えないやつ」だと再確認したというレベルまで様々です。
共通して言えることは
「全く話が通じない」こと
一緒に暮しているにもかかわらず
どうして通じない関係になってしまって
いるのでしょうか。

吉本興業と似てる?!夫婦の契約はあってないようなもの

少し前に世間を騒がせた吉本興業の闇営業問題。今まで良好に見えていたお互いの関係がほんの些細なことをきっかけにドンドンずれていってしまい、最終的には修復不可能なところまでいきそうな状態です。これって夫婦関係にも大いにいえること
なんです。夫婦仲が悪くなるのはいきなりではなく、ほんの些細な一言、ちょっとした態度が始まりです。
あなたが夫に不満や不安があるように、夫側の何か思うところがあるかもしれません。
それをいつ、どんな時に、どんな風に伝えていくかで夫婦関係は全然違ってきます。

なりたい自分ってどんな自分がイメージできますか?

なりたい自分をあなたは明確にイメージすることは出来ますか?
人生を幸せに生きていくために必要なことは自分が
「どう在りたいか」と強い意志を持つことです。
そしてそのイメージに近づくように
毎日少しずつコツコツと努力を続けていくことが
出来るかどうかにもかかっています。

あなただけの幸せな未来へのHow Toの作り方

あなたにはお気に入りのブログや書籍などありますか?
その中に書いてある言葉にはげまされたり、力をもらうこともあるでしょう。
成功例を実際に試している人もいるかもしれませんね。
あなたの望み未来を過ごしている人の考え方や生き方は
成功しているHowtoやマニュアルとも言えるでしょう。
誰かの成功例をただ眺めているだけではいつまでも変わりません。
まず、毎日同じようにコツコツと実践し続けることで
あなただけのオリジナルの成功例が出来上がっていきます。

ありのままのあなたのその先になりたいあなたがいる

ありのままの自分を受け入れただけでは本当になりたい自分にはなれません。未来を思い通りに選択して生きていきたいとおもうのなら、まず最初にすることは自分を好きになることです。でも、それってなかなか難しいことでもあると感じていませんか?自分を好きになるにはまず、自分のことを知ることが重要です。自分の何を知るのかというとあなたの中にある○○です。○○があるから魂を揺さぶり、心の底にある本当の望みを教えてくれます。

ヒーラー、セラピストとクライアントの大切な境界線の話

ヒーラー、セラピストという仕事はクライアントのとても大切な場所に寄り添うことです。デリケートでありパーソナルな場所であるからこそ、気を付けなければならないことも多いと思います。その一つにヒーラー、セラピストとクライアントの境界線というものがあります。この境界線があいまいであればあるほど、お互い良い関係性を結ぶことは難しと思います。
信頼関係を結ぶことが大切なヒーリングという仕事だからこそ、この境界線をヒーラー、セラピストことがきちんと守ることがクライアントと自分自身を守ることになります。

1 2 3 4 5 6 7