自分に向き合っているのに救われないわけ

自分と向きあうことで、自分の中にある
ブロックを外し、不要なものを手放す。

未来のために、幸せのために多くの人が
実践している方法です。

スピリチュアルの要素の強いものもあれ
ば、超現実的なものまで、その方法や気
持ちは様々です。

でも、その中には自分と向きあうこと
だからこそ陥りやすい「罠」も
あります。

 

自分の何と向きあうの

鈴木

自分と向きあうと言い
ますが一体、自分の
どこと向きあうのだ
と思っていますか?

Aさん

潜在意識ですよね?

自分の正直な気持ち
っていうか・・。

Cさん

ちょっとニュアンスは
違うかもしれないん
ですが、過去の傷つい
た自分っていうか、
トラウマ的な?

自分に向き合うという概念にも色々あり
ますよね。

今まで学んできたスキルやノウハウ、
色々なセミナーで「自分と向きあう」こ
との大切さを説かれてきている人も
大勢いると思います。

スピリチュアルだったり起業や引き寄せ
マインドセットでも、ゴール達成には
欠かせないツールとして潜在意識は大事
にされています。

鈴木

そもそも、潜在意識って
なに?
どこにあるわけ?

漠然とそんな風に思ったことありませ
んか?

あなたの頭の中の奥深くや胸の中に
在ると思い込んでいる人もいるでしょ
う。

今まで学んできた中で明確にこの場所
と言われた経験はありますか?

潜在意識というととてもあいまいで
つかみどころがなく、見えないもの
だと思う人もいらっしゃるかもしれ
ません。

ざっくり言ってしまえば今、こうして
思考しているものは顕在意識です。
自分で考えていることを認識できる
意識です。

じゃあ、潜在意識はどういうものかと
いうと、また意識には上っていないけ
れど、あなたの中にあるあなたを作り
出している情報のことです。

顕在意識も潜在意識はエネルギーです。
きちんとエネルギーして知覚できる
ものなんです。


まず、そのことをしっかりと理解し
ていないと、潜在意識にアクセス
しているつもりで、実は顕在意識だ
ったなんてことになってしまいます。

だから、いつまでも変わらないし
ゴールも達成できません。

自分と向きあうのは潜在意識?顕在意識?

ゴール達成のために自分と向きあおう
とする人が陥りやすい罠があります。

それは自分と向きあうことを過去の傷
を癒すことや、自分に足りないものを
探すことだと思い込んでいる事です。

鈴木

私にもその経験が
あります。

そのせいで
自分はいつまでも
傷がいえない限り
ダメなところを
治さない限り
至らない存在、
完璧になれない
満足できない
幸せになる資格がない


そんな風に悩み
苦しみました。

わざわざ、思い返してまた嫌な
気持ちになったり、傷ついたことを
再認識したり、頭にきたり、泣きたく
なったり・・・。

ゴール達成のために自分と向きあって
いるはずなのに、かえって自信を失っ
てしまいまだまだ自分は癒されていな
いと思ってしまった経験はありません
か?

そうして、そんな自分を受け入れられ
ず、その罪悪感におしつぶされそうに
なったり自暴自棄になってしまった
経験はありませんか?

鈴木

私はそれを
引き寄せがうまく
いかなかったり
一歩前に踏み出す
ことの出来ない
言い訳につかって
いたことがあります。

これは顕在意識と潜在意識がどういうも
のかというものを理解すれば、自分の
やっていることはただの反省でしかない
過去の振り返りでしかないと気がつくの
ですが、そのループにはまり込んでしま
っていると全然気がつかないのです。

なぜかというと、自分は潜在意識で
自分と向きあっていてブロックが協力で
外せないからうまくいかないんだと
思い込んでいるからなんです。

鈴木

とっても単純な理由です
よね。

この思い込みこそが
私の制限だったんです。

それに気がつかずに何年も

  • ブロックが外れない
  • 潜在意識にアクセスできない
  • ブロックがあって入れない
  • 奥深くにあってブロックが
    とれない

そんな風に何年も長く悩み
自分の至らなさや未熟さのせいにして
負のループに陥り、抜け出せなく
なっていました。

何とか抜け出したくて、色々な
ヒーリングを受けたり学んだりして
も、ゴール達成できませんでした。

鈴木

当たり前ですよね。
全然、潜在意識を
つかってないんです
もん。


そればかりか、傷を癒すことや
自分を変える事ばかりに必死に
なっていて、未来のことに全然
注目していなかったんです。

潜在意識と顕在意識の使い方の差


潜在意識を知覚するのに特別な訓練は
必要ありません。

限られた人だけの特別なものでもあり
ません。

気がついていないだけで、みんないつ
も、常時、潜在意識と顕在意識を使い
分けて生きています。

それを意識していなかったり、受け取
る情報量の違いでしかありません。

顕在意識で物事を見ている時、近くの
ものしか見ていません。

潜在意識で物事を見ている時は、高く
遠くからものを見ています。

鈴木

今、あなたは100階建てのビルの
入り口に立っていると
思ってください。

あなたが今見えているものは
すぐそばを歩く人々や道路を
走る車。街路樹や植え込み
そういったものでしょう。

鈴木

そうそう、目の前には
100階建てのビルが
ありますよね。
見上げてみても
100階ははるか彼方
遠くあり、様子は
うかがうことが
できませんよね。

これが今のあなたの状態だと
イメージしてください。

ビルの100階はあなたの望む
ゴールだとします。

Cさん

100階にたどり着けば
いいんですよね。

鈴木

そうです!
では、100階に行きましょう。

100階に進むために、あなたはまず、
ビルに入りエレベーターを探しますよね。
でも、見当たりません。

そこであなたは過去の経験から人に聞い
たり掲示板を探し出したりするでしょう。
100階なんて上ったことのない場所です
から、上った人に色々聞きたくなるかも
しれませんし、何が起こるかわからない
ので必要なものもそろえた方がいいかも
知れないと悩むかもしれません。

エレベーターの入り口が見つからなくて
一度外に出て、ビルの周りを一周したり
もしかして、未来行のビルはこのビルで
はなかったかもしれないと、今、通って
きた道を戻るかもしれません。

これが、過去の経験を使って未来に
(ゴールにたどり着く)方法です。

もう一人、あなたはビルにずんずん突き
進み手当たり次第にあたりを触ったり
開けたり・・・。

迷路を解明するように色々行動を
してみました。


すると・・。エレベーターの入り口が
見事に見つかり100階行へのエレベーター
に無事に乗り込むことが出来ました。

たどり着いたのは望んでいた未来です。
100階の高さから見ると遠くまで見渡
せるので、どこに何があるかが一目瞭然
です。

あなたが通ってきた道もばっちり見えま
す。迷路の様だと感じた道も上から見た
らすぐに行き方がわかりした。

あれだけなにか必要なものがあるかも?
と心配したことも、なにも起こりません
でした。

鈴木

どうでしたか?

もう、お分かりだと思いますが
ビルの前に立ち100階を見上げている
状態が顕在意識です。
過去の経験から成功例や失敗しない
ようにという気持ちから行動が
パターン化されたり、制限されたり
していまい、どうやって100階に行け
ばいいのかすら見つけられません。
100階にいく方法ではなく、入り口
探しが優先になってしまっています。

もう一人のあなたは、未来から来た
あなたです。

未来に戻ることが目的なので、戻る
方法を手当たり次第に探します。
階段でもいいしエスカレーターでも
いい。もしかしてテレポーテーショ
ンできるワープゾーンがあるかも
知れない。

そんな風に手当たり次第に探します。
この状態がちょうど潜在意識を使っ
ている状態です。

今のあなたは
100階に行く=高速エレベーター
と思い込んでいます。

未来のあなたは
100階に戻れればいい
と考えます。

この違いがゴール達成に重要なんです。

どちらがいいということではありません。
問題を解決するのに顕在意識を使い
過去の経験を役立てることも必要です。

ただ、ゴールを達成するのであれば
断然潜在意識を使った方が、いいよ
というだけなんです。

誰でも潜在意識は知覚できる

潜在意識を知覚するには様々な方法が
あります。

あなたがゴールを達成したい時に使う場
合、圧倒的に有効なのは感情とセットで
使うことです。


潜在意識からの情報を受け取って、それ
を使って現実で行動する事です。

行動せず、ただ頭の中でぼんやり考えて
いても現実は変わりません。

あなたの行動を駆り立てるのは感情です。

あなたがゴールへとただただひたすら
行動するための気持ち。それが未来へ
とあなたを連れて行ってくれます。

感情とセットになった潜在意識の使い
方は実に簡単です。

あなたが今、イメージできるさらに
その上の、まさに今見えていない
100階をイメージすることなんです。

私はその100階の未来へとあなたを
ナビゲートすることが出来ます。

あなたのゴール達成のお手伝いが
出来るかもしれません。

Follow me!