自信がないのは自分を疑っているから

クライアントからご相談を受ける
悩み事の中の一つに
「自信がない」というものが
あります。

自分に対しての自身であったり
作品や仕事ぶり、容姿や行動
など様々ですが、この自信
「経験を積めば大丈夫」という
解決策が一つあります。

でもいくら経験を積んでも
自信が持てないことってありますよね。

 

自信ってなに?

自信が持てなくてといった悩みは
誰もが一度は経験したことが
あるのではないでしょうか?

鈴木

自信ってなんだと
思います?

クライアント

そのまま
自分を信じる気持ち
とかですかね?

クライアント

今までの経験とか
絶対大丈夫と
思える気持ちとか?

自信というのを調べてみると

自分の能力や価値を確信すること。
自分の正しさを信じて疑わない心

広辞苑(第六版)

と書いてあります。
私たちもこんな風に考えています
よね。

この考え方が正しいのに自信が持てない
のはなぜかというと、あなた自身が自分
の能力にたいして自分自身で正当に
評価できてないからです。

充分できているのに、自分なんてまだま
だと思ってしまうことはありませんか?

日本は特に控えめであることが美徳と
されてきた風潮があります。
謙遜や遠慮することも、美徳とされて
いますよね。

出る杭は打たれるということわざがある
くらい目立つことはよくないこととされ
る価値観があります。

子供の頃によくできたことを自慢したら
悪口を言われたり、出来ない人もいるか
ら自慢するななどとたしなめられた経験
をしている人もいるかもしれません。

こんな風な価値観が自分の中にあると
いくら自信を持とうと頑張っても
なかなか持てないでしょう。

自分の能力に対しての正当な評価をした
いと思っても、ついつい過去の自分や
自分よりできる他人と比べてしまい
「まだまだ」と感じる人がとても多いで
す。

誰かと比べても自信はつかないとわかっ
ていても、他にどうやって自分の能力を
正当に評価すればいいのわからないので
自分がまだまだ修行が足りないと思って
しまうと自然に評価も下がってしまいま
す。

そしてなにより「何をするにも自信を
持ってやらなければうまくいかない」と
いう思い込みがあるので、いつまで
たっても自信が持てない状態の方が
「やらなくて済む」と無意識で思って
いる人も中にはいらっしゃるのでは
ないでしょうか?

自信は経験でつめるというけれど

自信は経験をつんでいけば自然に
出てくると言われますよね。

クライアント

でも、経験を積むまで
はどうすればいいのか
わからなくて・・。
不安なままクライアン
トと向きあうのも失礼
だと思うし・・・。

クライアント

どれだけやれば
自信がつくのか・・。
もう10年近くやって
いるのですが
未だに自信がもて
ません。


経験を積むことは決して悪くはありませ
ん。

ただその経験があなたの制限になってし
まっている場合も出てくることがありま
す。

自分自身の過去の成功体験から自分に
合うのはこの方法だと思い込んでいる
人がいます。

そして最近うまくいかないのは自分の
エネルギーが落ちているからといった
理由にする人がいます。

他にも、季節や時代のせい、相手のせい
だったり、自分のちょっとした言動のせ
いなどと思い込んでいる人もいます。

どれも自分の経験から決めつけてしまっ
ていませんか?

経験に基づき、あれこれ想像しがちです
が、過去からの経験をベースにした想像
では、いつもの結果しか想像できません。

今、時代はとてもスピーディーに変化し
ています。
そのスピードに振り回されない程度に
きちんとあなた自身も変化をしていか
なければ結果をだすことは難しいで
しょう。

自信が持てないと起業されている人なら

  • まだなにか自分には足りないものが
    あるかもしれない
  • クライアントが満足できたか心配
  • 結果が思うように出ない
  • このやり方で大丈夫か?
  • 本当にクライアントに求めているの
    か?

というような不安を抱えて自信が持てな
くなり、さらにスキルアップやメニュー
の変更、無料サービスをしてみたり
売れているコンサルタントでノウハウ
ばかり集めてしまうノウハウコレクター
になってしまうかもしれません。

恋愛や人間関係で自信が持てないと

  • 相手を試す行動をしてしまう
  • 相手にすべてを合わせてしまう
  • 嫉妬や羨望が止まらない
  • 愛されている実感が持てない
  • 不満がたまっても言えない
  • 相手を攻撃してしまう

というような行動や言動になりせっかく
仲良く過ごしたいのに全く真逆の結果を
招いてしまうことばかりしてしまいがち
です。

そればかりか我慢だけがたまってしまう
ので、「私ばっかり」という思考と感情
に囚われて心も体も疲れ果てる人も少な
くないでしょう。

その思考でヒーリングやセラピーで
いくら癒されようとしても、そもそも
愛されている自信がなかったりコミュ障
が原因だと思い込んでいるので癒されて
も、問題が解決する可能性はとても少な
いでしょう。

自信のなさの原因は

自信のなさの原因は経験不足や
知識不足だけが原因ではありません。

自信のなさは自分のやっていることに
対しての疑いの気持ちが大きくかかわっ
てきます。

自分のやっていることが本当に心から
やりたいことであるのなら、失敗を
恐れることなく、やってしまうで
しょう。

誰に何を言われなくても自然とどうす
レば自分の満足のいくものになるのか
研究したり、精度を上げていくでしょ
うし、そのための努力は努力とも思わ

クライアント

ただ好きだから
やっていたら
いつの間にか
こんな風になって
いました。

鈴木

あなたにも
経験はありませんか?

その気持ちや行動はあなたに自然と
自信を与えてくれますよね。

もしかして好きなだけで根拠のない
自信と思うかもしれません。

でも、その好きという気持ちこそが
あなたにとっての自信でありあなたを
支えるプライドであることを知ってくだ
さい。

きっと、好きで自分が満足する結果を
得るためであれば、他の人のアドバイスや
他の人の成功例や失敗例も素直に
受け入れられるのではないでしょうか?

逆に好きではないことや苦手なことを
やるのはどうでしょう?

好きではないことだからまずやること
が億劫に感じるでしょう。

苦手なことならやりたくないという気持
ちがどうしても行動や思考しも現れてし
まいます。

なので、雑になりがちですしやっていて
も満足感は得られないでしょう。

苦手なことをやり切ったという満足感を
得るかもしれませんが、やっている最中
がイヤイヤだったのなら、身についた
思考や行動はほとんどないでしょう。

なので、満足を得てしまえばそれで終わ
りです。
習慣にもならないのであなたも変わる
事はないでしょう。

もしあなたが自分に自信をつけるために
苦手なことをイヤイヤやっているのなら
今すぐやめてください。

それよりも好きなことをするか、
なぜそれを苦手と思うのかと自分に
聞いてみて下さい。

苦手な理由がわかってしまえば他の
方法をとることもできますし、苦手と
いうことに罪悪感を感じることも
無くなるでしょう。

誰だって好きなこともあれば苦手な
事があります。

そして苦手なこと決して悪いことでは
ありません。

苦手なことがある自分を知ったことは
ラッキーだと思ってください。

自信を持つために

自信を持つために大事なことは
好きなことを思い切りすることが
一番です。

クライアント

本当にそれだけですか?
好きなことをしても
自信が持てないです。

鈴木

大丈夫です。
まずは
焦らないで
ください。

今は求めている答えがすぐ手に入る時代
です。それに慣れてしまっている人は一
度ダメだとすべてダメだという思考に
なっています。

まず、一度くらいでは今まで生きてきた
あなたの気に入らない状況がすべて
ひっくり返るような魔法はないと思って
下さい。

もっと厳しいことを言えば、あなたが
自分の思考や感情に対してもっと素直
でオープンならそれは可能かもしれま
せん。

ですが、今まで生きてきた中で隠して
きた本音、押し殺してきた気持ち、
我慢が当たり前の毎日になってしまっ
ているので、1度のヒーリングで
全てが解消されるということは
難しいでしょう。

その理由として、ヒーリングをしてい
て思うのですが多くの人が自分に対し
ての評価がとても低いです。

日本人の美徳、女性として控えめで
あることがよしとする価値観はあなた
の中にありませんか?

出来ないフリや出来るのにあえて
やらないという態度を無意識に
とっていませんか?

鈴木

出る杭は打たれる
そして
出過ぎた杭は
打たれなといった
ような誰かの言葉に
振り回されて
いませんか?

あなたが楽しく心地よくしているので
あれば、釘が出ていようと出ていまい
と気になりません。

釘の出方を調整しようということは
他人の評価を気にしているという
ことです。

他人の評価が気になるということは
自分に対して疑いがあるということ
なんです。

これってまちがってない?
嫌われていない?
正解?
外れてない?
おかしいと思われてない?

こんな風に思うことはありませんか?

ファッションや子育てメイクや
ヘアスタイル、生き方や価値観
あらゆるところに自分で制限をかけ
ていませんか?

そして、あなたが好きで憧れている人や
なりたいと思う人はどうですか?

自分のスタイルをついていませんか?

その姿勢にあなたも「なってみたい」
と思うのではありませんか?

自分がいいと思って好きだから
他の人にも伝えたい。

自分はこう思っている、それを信じ
ているから、そのままでいる。

それが「自信」です。

自分のやっている事、好きなことを
信じていて、それをやっている自分
を好きで信じている。

これが自信の根幹です。

もし、自分に自信がないと思って
いるのなら本当にそのことが好きだ
と思っているのか、やりたいと思う
事なのかをもう一度考えてみて下さい。

その時に「でも・・」という
言い訳が出た時があなたの本音を知る
チャンスです。






Follow me!