Category -  子育て、発達障害

夫が家事や育児に参加しない3つの真実

夫の育児や家事についてのコラムを読むと多くは最終的には「妻側の諦め」や「妻側だけの工夫」もしくは「夫を上手に操作する方法」というオチになっています。いつも読むたびに「結局妻がしなければらない」ことが前提になっているよな、とおもっていました。その時出来るほうがやればいいというスタンスの夫と私の関係ですがやはり9割は私の仕事。夫の中には
「家事や育児の要は母親の役割」という確固たる価値観があり、それは育ってきた環境からの影響がとても大きいものでした。

子供の宿題ってするもの?しなくてもいい?親がさせるもの?誰のためにするの?

最近、10歳のユーチューバーの男の子がWEBやテレビで取り上げられていましたね。そこで話にあがった「宿題」の問題。
親としても子供に宿題をしてもらうことが頭の痛い問題になっている人も多いですよね。宿題自体は悪いものだと私は思いません。親世代の抱えている宿題への思い込みが「宿題=面倒くさいもの」となっている限り、子供にもそれは影響されます。宿題は「目の前のやっつけ仕事」ではありません。未来の自分に対しての貯金のようなものです。なりたい自分になるための積立貯金だと子供に伝えていきたいですよね。

お仕事は誰のためにする?何のためにする?辛いのは当たりまえ?

いつの頃からか、仕事=辛い、我慢料をもらうものという考え方が出てきていますが、そんなにネガティブに考えなくてもいいのではないのでしょうか?仕事をするということは、社会にどれだけ自分が貢献できるかということです。それができることって素敵なことだと思いませんか?

ママ友や両親に言えない育児の辛さを誰かに聞いてもらいたい

育児に頑張りすぎて追い詰められてしまっていませんか?気楽に、手抜きで、楽しんでなんてアドバイスをもらっても、何をどうすれば楽に楽しく育児ができるかなんて最初から誰もわかりませんよね。いい妻、いいママでいたいと思うのは素敵なことです。疲れてしまったからってそれはあきらめたくないのならあなたの中の「生き方」の制限を外しましょう。

ママ友の「びっくりした」ことはあなたにとってどんなこと?

ママ友と仲良くする方法って実は簡単なんです。どれだけ相手に共感するかなんです。でも、それぞれの価値観があるのですべて合わせせるわけにはいかないですよね。その少しの「ズレ」をお互い様と思うか、理解できないと思うかで距離感が違ってきます。

宿題をする子にするために私がした、たった一つのこと

宿題をする子にするために私がしたことは、たった一つのことです。そのルールを親子で守ることで「宿題をする」ことを習慣にしてしまいましょう。ついつい「例外」を作ってしまいがちですが、ここはママが頑張って作らないようにしてください。その分子供も宿題を頑張ると思います。

世界自閉症啓発デー

4月2日は世界自閉症啓発デー。そして4月2日~8日発達障害啓発週間です。私も自分の子供が発達障害と診断されるまでは、そんなに関心もなければ正しい知識もありませんでした。息子をとおして発達障害の世界を知ることで私の世界は広がりました。そして当事者とその家族の苦悩や悩みも知ることになりました。あなたの本音をサロンで吐き出しませんか?それで救われる未来があります。

友達100人なんて出来なくてもいいと言えますか?

友達100人出来るかな?の歌詞にあるように、友達が多い=楽しい学校生活、そんな風に思っていませんか?逆に集団生活が苦手な子供時代だったと口にしながらも子供には「みんなと一緒に」と伝えていませんか?自分の子供に幸せな学校生活を送らせてあげたい。あなたの思い込みがあなたと子供を悩ませることがあります。

産後に「夫が何をしてもムカつく症候群」にかかりました

産後、慣れない育児や睡眠不足、ホルモンバランスの乱れで精神的に不安定なのに、夫の行動や言動がイラつく。ほんの些細な一言に涙が出る。こんな経験ありませんか?「離婚」の二文字も頭をよぎるような状態の時もありますよね。あなたと夫、二人だけの生活から1人家族が増えるのは「大きな変化」です。そこで今までの関係性も大きく変わります。