夫の機嫌取りは妻の仕事のうち?

夫婦がお互いに、毎日気持ちよく過ごす
ためのちょっとした気遣いはいろいろあ
りますよね。

ありがとうなどの感謝の言葉がけやお疲
れ気味の時に体調を気遣うこともあるで
しょう。

疲れて不機嫌な夫の好きなおかずを
作るとか、ストレス解消のために趣味の
時間を作ってあげるなどもあります。

でもそうではなくていつも夫の機嫌を
損なわないようにと顔色を窺うように、
とにかく夫を怒らせないようにと気遣う
ことは行き過ぎです。

鈴木
それはもしかして
DVかもしれませんよ?

夫の言うことを聞くのがいい妻だと思っていました

30代後半には見えない可愛らしい
ルックスのRさん。
実は、私のブログを読んているうちに
「もしかしてうちってDVなのかな?」
と思うようになりサロンを訪れてくれ
ました。

鈴木
ブログを読んでくださり
ありがとうございます。
もしかしてと思った
きっかけはどんなことですか?
Rさん
きっかけというか
妻として夫の言うことは
絶対というか、我慢も
当たり前、怒らせるのは
私が悪いんだと思っていたんですが
鈴木さんのブログを読んでいる
うちにあれ??って
疑問に思うようになって
鈴木
例えばどんなことですか?
Rさん
私の中のいろいろな基準が
夫だったんですよ。
何をするにもまず夫(笑)
鈴木
わかります。
私もそうでした。
もう夫教みたいな感じ(笑)

Rさんは直接的な暴力などは受けていな
いものの、普段から旦那様に小さなこと
で責められたり、機嫌が悪いと口もきい
てもらえなかったりしたそうです。

夫にどうすればいいのか聞いてみても

  • 自分で考えてごらん
  • それすらわからないなら言ったって
    わからない
  • 君がまず思う通りにしてごらんよ

 

などというのでかえって混乱してしまい
どうすれば旦那さんが満足するのか
わからないままで、それは自分が妻として
夫のことを支えられていないからだと
ご自身を責めていました。

Rさんのお話を聞いた後、私はRさんに
お聞きしました。

鈴木
Rさんは旦那様に
同じ様にしたり
していますか?
気を使ってもらって
いますか?
Rさん
それはないです!
夫はマメなタイプでも
ないですし・・・・。
でも、優しいところも
結構ありますし・・。

夫婦の間で「夫の機嫌取りは妻の務め」
という暗黙のルールが出来上がっている
ご夫婦は決して少なくありません。

いい年をした成人男性が自分の機嫌を
コントロールしないどころか、感情に
任せて大切なパートナーに当たり散ら
したり、何とかしてもらおうと思って
いるのは愛情でもなく、男性特有の甘
えでもなく、とてもおかしなことだと
思いませんか?

夫はあなたの人生のパートナーで子供ではありません

夫の機嫌をとったり、怒らせないように
毎日気を遣う妻は結構います。
それがお互い毎日気持ちよく過ごすため
のもので、夫も同じ様にあなたの機嫌を
とってくれたり、怒らせないようにして
くれる関係が保たれているのならそれは
素晴らしいことですよね。

でも、それが妻側だけだったり、それを
夫が一方的に強いるような関係はやはり
とてもバランスの悪いものです。

ヒーリングの中で、Rさんの中にも

  • 夫の言うことは聞くのがいい奥さん
  • ニコニコ話を聞く女性が愛される
  • 夫を立ててあげるのが妻の務め

 

というような思い込みがいっぱい出てき
ました。

他にも

  • 女性はちょっと抜けているくらいがいい
  • 浮気をしても部屋がきれいで食事がおい
    しければ夫は帰ってくる
  • 口うるさい女は嫌われる
  • 男は浮気するもの

 

などという都市伝説的な思い込みも
抱えていました。

Rさん
ちょっと自分でもびっくりでした
まさかそんな風に自分が思って
いたなんて(笑)
鈴木
でも、それが当たり前だと
思っているのって
なかなか自分じゃ
気がつきませんよね
Rさん
そうなんです。私の両親が
そうだったので夫婦って
こんなものかな?と
思っていました。

 

ダメな妻と思い込んでしまっていませんか?

妻側だけが我慢を強いられているような
結婚生活を過ごしていても、それが当た
り前だと思っている女性はまだまだ多く
います。

それは、Rさんをはじめ、その考えを持
つ女性が悪いわけではありません。
その価値観で育ってきた環境やそういう
風に言葉をかけられてきた子供時代から
も大きな影響を受けています。

ただそのせいで夫側から粗末な扱いや
不当な態度をとられても
「自分が妻としてなってないから」と
自分自身を責めてしまうことは大きな
問題なんです。

ヒーリング後、Rさんは自分がDVを
受けているのかもしれないとはっきり自
覚し、夫に自分の思っていることを伝え
たそうです。

旦那様はいつものように
「君のためを思って」
と言ってきたそうですが、もうその言葉
を聞いても
「自分がダメな妻だから」
と思い悩むことが少なくなってきたそう
です。

この先、Rさんと旦那様の関係がどんな
風に変化していくのかはわかりません。
でも、少なくともRさんがご自身を責めな
なったことはとても大きなことなんです。

自分を責めないことは自分を大切に
扱うことにつながっていきます。
その気持ちをもつことで、幸せな
未来への道ができていきます。

あなたも夫の機嫌を窺う生活から
抜け出してみませんか?

Follow me!