夫の「靴下脱ぎっぱなし」を「かたづける」に変える3つの方法

健やかなるときも、病めるときも、死が二人を解つまで・・・・
ふたりで見つめあって、ちかいあって結婚。
いつまでもラブラブな二人でいたいけど
一緒に生活することって
それだけじゃないんですよね

ラブラブ新婚期間を過ぎると・・・・

目が覚めても好きな人がいて
一緒に同じメニューを食べて
「いってらっしゃい」のキス
「おかえりなさい」の笑顔
二人でいろいろな話をしながら
同じベッドで眠る。
幸せの絶頂の日々も
半年くらいを過ぎると
ちょっとずつ「慣れ」や「甘え」が
出来ててしまいますよね。

よく聞くのが
「夫のやりっぱなし」問題

  • 食べたお皿をそのままにしっぱなし
  • 靴下をそこらへんに脱ぎっぱなし
  • シャツの袖が片方裏返しのまま脱ぎっぱなし

 

我が家はここに

  • トイレットペーパーがなくなってもそのまま
  • 出したものをもとの場所にしまわない
  • 食卓に机に趣味のものを置きっぱなし
  • 本や雑誌を読みかけで放置

 

も加わります。

なんてことないことなんですが
片づける私は毎日、毎回のことなので
地味にイライラさせられます。

やりっぱなし対策は「放置?」それとも「いちいち注意?」

 

園のママさんやお友達、サロンに来られるお客様とも
この夫の「やりっぱなし問題」の話題で
盛り上がることがあります。

どうしているのかお話を聞くと

  • そのまま放置よ!翌朝本人に片づけさせる!
  • 子供の前で「パパも自分で片づけるんだよ」って
    言ってしつけにからめてやらせるわよ!

 

なんて頼もしい意見もあり

  • 放置したいけど、臭いから仕方なく片付ける
  • 裏返しでもそのまま洗ってそのまま干すよ

 

と諦め半分、めんどくささ半分の意見もありました。

皆さんが口をそろえて言うのは
「やりっぱなし」のなにが悪いのか
夫自身が全く気がついてないから
厄介なんだということでした。

やりっぱなしでも夫にとってはなに一つ
不自由を感じないから、感謝もされないし
注意なんかしたら
「うるさいなー」
「細かいなー」
「気がついたほうがやればいいじゃん」なんて
言われちゃう。
夫の自分勝手な言い訳に
文句を言い返す気にもならないわという話に
私も大きくうなづきました。

私も
「ごめんなさいくらい言えないわけ?」と
何度心の中で叫んだかわかりません。

「やりっぱなし」を「やってくれる」に変える3つの方法

「やりっぱなし」を「やってくれる」に変える方法を
教えてくれたママがいます。

そのママ曰く
「秘訣なんて大げさなものじゃなくて
3歳の子供のおかたづけと思って対応する」
ここで大事なのは
「自分でやらず必ず夫がするまで待つ」
ことが成功のカギだそうです。

どういうことかと詳しくお聞きすると

「とにかく毎回、言う」
→妻「靴下ここにぬぎっぱなしだけどどうする?」
→夫「えー洗う」
→妻「じゃあ、あなたは洗濯機に入れて。洗うから」

「やるまでしつこく言う」
→妻「あなたの脱ぎっぱなしの靴下
ここにあるんだけどかたずけてくれる?」
→夫「わかってるなら片づけてくれよ」
→妻「あなたも今、わかったじゃない?かたづけておいて」

そしてここが大切!
「してもらったら大げさに感謝とお礼を言う」
→妻「靴下、洗濯籠に入れてくれたんだ!ありがとう」
→夫「ん、えらいだろ?」
→妻「すごい助かる。脱ぎっぱなし靴下って忘れちゃうから
あなたがしてくれるとすごいありがたいわ」

この3つだけ。

私もこのお話を聞いてから早速やってみました。
半年くらいで変化が出てきて
この頃は食器食べっぱなしは
60%の確率で片づけてくれるようになりました。
靴下脱ぎっぱなしに至っては
ほぼ100%、脱いだらすぐ洗濯機に入れてくれます。
何事も気長に焦らず継続的にでした。

ちなみにが夫に伝える時に気を付けたことは
「無邪気ににこにこ」でも
「あなたがやることよね」という
雰囲気を漂わせることでした。
皆さんも是非試してみませんか?

 

Follow me!