女友達は人生のステージで変わっていく

年末年始に地元に帰って、昔からの長い付き合いのお友達と久しぶりの再開の約束をしている人も多いのではないでしょうか。
楽しい時間を期待していたのに、いざ会ってみたらなぜが違和感だらけ。
せっかくの楽しい時間がただただ苦痛な時間に変わり早々にお開き。
ぐったりしながら帰宅するなんて経験ありませんか?

昔「から」仲が良かったではなく昔「は」仲がよかった

「お友達と仲良く過ごした日々」のあなたと「今」のあなたは全く違っています。そして同じように久しぶりに会った友達も全く違っています。
それでも今まで「変わらずに」仲が良いと思っているのは、お互い
「一緒に過ごした思い出」がベースになっているからです。
でも今は、たとえ少しの距離でも別々の土地に暮らし、周りの人間関係も違っています。その中で生活をしているので変わるのは当たり前なんです。
それはお友達だけに言えることではなく、あなたにも言えることです。
あなたがお友達と過ごした期間は人生の中でのほんの一時。
その時、あなたはどれくらいお友達のことを知っていましたか?
何でも悩みを話し合ったり、泣いたり、笑ったり、喧嘩したり、そんな風に本音でぶつかり合っていたと思っているのはもしかしてあなただけかもしれません。お友達は実はすごく面倒だと思っていたのかもしれませんし、表面的に合わせていたのかもしれません。
それはお友達じゃなければわからないことですよね

「変わった」のはお互い様 なんです

いつまでも同じ関係性ではいられません。あなたがお友達に
「違和感」を感じるのは不思議なことではありません。

あなたと同じように、お友達もいろいろな人に出会い、いろいろな経験をし、いろいろなことを感じ、いろいろなことを考えて過ごしてきたはずです。
それはいい、わるいではなく、当たり前のことです。
あなたが変わり続けているように同じようにお友達も変わり続けています。
時にはその相手の変化はあなたにとってはいいと思えないものなのかもしれません。
でもそれはあなたがジャッジしていいものでは決してありません。
お友達もあなたに対してい同じ様に思っているかもしれません。
いつまでも永遠に続くと思っていた関係性が崩れてしまうのは
とてもつらいことかもしれません。
楽しかった思い出まで否定されているような気持ちになってしまうのも無理はありません。
でも、それはその時のあなたとお友達だから作り出せた関係性なんです。
楽しく過ごした時間は確実にあなたの中に存在しています。
だから、おしまいにしてしまうことを恐れないでください。

「いい関係」だったままでおわらせましょう

相手に何か一言言いたい気持ちもぐっと抑えてください。
それはあなたの勝手な期待のおしつけでしかありません。
あの頃があるから今につながっています。そして今も未来につながっています。それだけは忘れないでください。
お友達とまた、新たな関係性を作り出してもいいんです。そっと終わりにしてもいいんです。それはあなたの自由です。
わざわざ宣言することも、くよくよ罪悪感に浸ることも、相手を非難することも、すべてあなた自身を否定し傷つけることでしかありません。
それよりも、これから出会う新しい人とはこんな風な関係を作り出していける自分になりたいと思いめぐらせてみてください。

Follow me!