ママをやめたいって思う私は最低のママ?

こんにちは
未来選択ヒーリング、ナビゲータの
鈴木マリコです。

新型コロナウイルス感染拡大防止で
おうちで過ごすことが多くなっている今
家事や育児の負担が増えている女性が
とても多くなっているでしょう。

外出自粛も続いていて24時間子供と
一緒にいて全然大人としゃべっていない
という状況で追い詰められていませんか?

ママをやめたいって思ってもいいの?

私もまた子供が小さかった頃

鈴木
今日、スーパーのレジの
人としかしゃべってない

と、気がついて愕然としたことが
あります。

最近話題になった映画の一つに
「ママをやめてもいいですか?」
というものがあります。

全世界で同じ様に子育て中の孤独で押し
つぶされそうなママはいるはずです。

サロンにも育児で悩むママが思い詰めて
いらっしゃいます。
そしてこんな悩みを口にします。

クライアント
毎日辛いです。
ママをやめてもいいですか?

私はいつもこんな風にお答いたします。

鈴木
もちろん、いいですよ

そう思った気持ちが私もあります。
そして、そんな風に思ってしまった自分を
とても責めたこともあります。

でも、クライアントにはこうお伝えします。

鈴木
自分が壊れてしまうくら
いならやめてしまってい
いでしょう。

大切なことはあなた自身が
「ママになったから」という制限を自分
自身にかけないことです。

ママだからってあなたの24時間を子供
のためにすべて捧げなくてもいいのでは
ないでしょうか。あなたの時間はあなた
のものです。

あなたを許せるのは○○だけ

こんな経験ありませんか?

Aさん
育児が辛いと相談しても
「誰かに頼って」とか
「今だけだから
がんばって」と
アドヴァイスされるだけ
でかえって辛いです。

誰かに頼れたりする環境にある人は
「ママをやめてもいいですか?」
と思ったりすることは少ないかもしれま
せん。

頼れる人に愚痴を聞いてもらったり育児
を変わってもらったりして「自分自身」
に戻る時間があるからです。

鈴木
こんな経験ありませんか?
  • 夫に育児や家事の大変さを話しても
    「俺だって仕事で大変なんだ」と
    まったく相手にしてくれない。
  • 実家の親に言っても
    「ママになったんだから
    それくらい我慢しなさい」と
    言われてしまった。
  • ママ友と呼べるほどの友人もいないし
    「ママ止めたい」なんて友達にも言え
    ない。
  • 保健師さんや支援センターの人に相談
    をしても
    「ストレスを溜めないで甘いものでも
    食べて旦那さんに相談して」と言われ
    ただけ。

私も、相談したのにこんな風に周りに
言われてかえって孤独感が増してしまっ
た経験があります。

私の経験から言えば24時間ママでいる
から子育てが辛い時間ばかりの毎日なん
です。

24時間の内、ほんの少しでいいので
自分自身になる時間を意識的に作って
ください。

そして24時間「ママ」として子供と
関わらないくても子供が育つと信じて
ください。

「ママ」ではなく「あなた自身」として
子供との関係性を作り出してください。

「ママ」だからという理由で出来てしま
う制限は「あなた自身」になってしまえ
ばその制限は消えてしまいます。

「ママをやめてもいいですか?」と
思い詰めてしまう人は、とても真面目で
責任感のある人でしょう。

そして「あるべき姿」をしていれば幸せ
になれるとも考えているでしょう。

そして、ひとりですべてこなせると思っ
ている人でしょう。

それは決して間違いではありません。

子供はあなたの子供でもありますが
パートナーとの子供でもあります。

両親と子供たち、その全員が家族です。
人と人が関わるということはそれだけで
変化が起こっています。
家族全員が起こしている変化を一人で受
けとめて一人で解決しようと思っている
から大変なんです。

その考え方があなたが生きづらくさせて
いることも確かに原因の一つになります。

なのでその思いから抜け出しましょう。
抜け出すことは簡単です。

それは
「ママをやめること」に
罪悪感
を持たないことです。

罪悪感というのは
「悪いと思っているから許してほしい」
という気持ちで、あなた自身が自分を
傷つけてしまう気持ちです。

あなたを傷つける気持ちをあなた自身
が持たないでください。

あなたは誰に許してほしいと思ってい
ますか?
子供ですか?それとも夫ですか?

誰もあなたを責める権利はもちません。
責められないです。

責める人がいたら、それはあなたの気持
ちを全く理解できない人です。

そしてあなたの大変さを知らない人で
しょう。

ママをやめても子供は育ちます

「ママをやめる」と言ってもけして
ネグレクトをしてもいいと言っているの
ではありません。

私がお伝えしているのはあなたや世間が
とらわれている

  • 理想のママ
  • 母親神話
  • 育児書やベビー雑誌のモデル
    のような完璧なママ

という「世間一般が求めているママ」
をやめるということです。

「ママ」と「子供」という関係性を
変えていけばいいだけです。

ママをやめる
ママをやめたい

そう思うのには理由があるでしょう。

名前
子供とのかかわりの中
であなたは何が一番
苦痛に感じますか?
Bさん
寝かしつけとか
食事の用意は
結構負担です。
Cさん
ずーっとおままごと
させられたり、
お出かけ先で
グズグズされると
辛いです。

 

まだまだ苦痛と感じることはあります
よね。それは人それぞれでしょう。

でも、24時間子供と関わる中で必ず
しもいつも「ママ」でなくてはならな
いことなんで何一つないと知ってくだ
さい。

女性は子供を産んだら自動的に母性本能
が発揮され子供をかわいく思っていて、
全力で守ってあげたいと思っているなん
て思わないでください。

鈴木
そんなことは
絶対ありません!!!

そう思うのなら「ママをやめたい」なん
て思うことはないでしょう?

「やめたい」と思うことは特別な感情で
もダメなママでもなく誰でも思う感情で
す。

子育てだから「ママをやめたい」ですけ
ど仕事に置き換えてみてください。

24時間、365日休みなし。褒められるこ
とも感謝されることもなく、愚痴をこぼ
せば自分で選んだんだと叱られる。

成果の見えない毎日

いつまで続くのかわからない毎日決まり
きったルーティーン。
たまにイレギュラーで初めて体験するこ
とが起こっても、自分で解決しなければ
ならない。

こんな仕事だったらだれでも今すぐ
「やめたい」と思いますよね?

子育てってそれと一緒です。

それを「ママだから」という理由だけで
やめられないっておかしいと思いません
か?

あなたの夫はとっくに一抜けたとやめて
いませんか?
最初から参加していない父親だって多い
でしょう。

たまーに支社から顔出して、口だけだし
て、あとはいいとこどり。人の成果を横
取りして帰っていく迷惑な同僚みたいに
なっていませんか?

それなのに「仕事」というだけで家事も
育児も免除され、妻と同じことをしてい
るだけなのに褒められたり尊敬されたり
っておかしいですよね。

そんな子育てをしていて、「やめたい」
と思わないほうが立派です!

だから、あなただってやめてしまっても
いいんです。

ママだって一人の人間です

物理的に預けられるのなら子供を預けて
自分の時間を確保してください。

よく「子供がかわいそう」という人がい
ますが、そんな言葉には耳を貸さないで
ください。

家事や仕事、育児に追われて人間らしさ
を失っているあなたの方がよっぽど大変
な立場です。

「可哀想」などと無責任にあなたを批判
する人はけっしてあなたを救いはしませ
ん。

そして一番大切なのはあなた自身が
「子供が可哀想」と思わないことです。

あなたの子供はけっして「可哀想な」
子供ではないはずです。

可哀想かどうかは本人が大きくなった
子供が必要であれば考えることです。

ママと離れることは「可哀想な」こと
では決してありません。

可哀想なのは「子供のために」と自分を
押し殺して生きる母親に
「あなたのため」と言われる人生をおく
ることです。

あなたが自分の親にそう思われて育てら
れていたらと想像してみてください。

 

あなた自身があなたを大切に扱えないか
らあなた以外の人間も同じ様に大切に
扱えないということを知ってください。

そしてあなた自身もあなた以外の人間か
ら大切に扱ってもらえないでしょう。

基本はどんな時も「自分自身」です。

自分以外の人のために擦り切れるまで
生きることはあなたのためにも、相手
のためにもなりません。

あなたはあなたの時間をきちんと取り
戻して生きてください。
あなたのために使う時間がないから
イライラしたり疲れたりするのです。

あなたの24時間ママでいる時間を
あなた自身に使うことを選んでくださ
い。
その選択はあなたと子供のこれからの
未来においてお互いが依存しあわない
風通しのいい親子関係を作り出す基礎に
繋がっていくでしょう。

Follow me!