夫という存在に屈しない自分を作る

こんにちは
未来選択ヒーリング、
ナビゲーターの鈴木マリコです。

離婚の話を切り出した時、夫から脅しと
もとれるようなことを言われる人もいま
すが、決して屈しないでください。

冷静に考えるととんでもないことを、
さも当たり前のように言ってくるのが
モラハラDV夫の特徴の一つです。
長年一緒にいる妻はその感覚が当たり前
になっているのでその発言のおかしさに
気がつかないんです。


自己肯定感の低さやコンプレックスが原因のひとつ

かつての私がそうでした。
元モラハラ夫との出会いは学生時代。
先輩、後輩の間柄だったので私は
元モラハラ夫のことをずーっと
こんな風に思っていました。


鈴木
物知りで頼りがいが
ありなんでもできる人


学生時代の「先輩の言うことが絶対」と
いう習慣が抜けないまま結婚したので
元モラハラ夫との結婚生活はとにかく
精神的に絶対服従でした。

いつも顔色を窺い、怒らせないようにし、
元モラハラ夫の言うことはなんでも正し
いと思いこみ聞いていました。

よく人から
「変わっている」「個性的」と言われて
いました。
自分ではその自覚は全くなく、むしろ
真面目にしていたつもりだったので
なんでそういわれるのかがわかりません
でした。

一人娘で甘やかされて育ったので両親
からは「世間知らず」「箱入り娘」と言わ
れていました。

いつの頃からか私は
「自分じゃ普通じゃない」という
コンプレックスをかかえているように
なりました。

そんな思い込みもあって元夫が言うことは
「正しいこと」「一般世間の感覚」と思い
込んでいました。

それが余計私を追い詰める原因になって
いたことに気がつきませんでした。

誰かの「おかしい」があなたを救います

元モラハラ夫のDVに耐えられなくなり
離婚カウンセラーを入れて離婚に向けて
話し合いをしていた時のことです。

元モラハラ夫が離婚を拒みすぐ離婚を
したい私に対して

 


元モラハラ夫
離婚したくても戸籍が
なければ今すぐなんて
出来ないんだぞ

と言い出しました。

 


鈴木
戸籍はすでに取り寄せて
手元にある
と伝えたところこんな風に怒鳴られました。
 

元モラハラ夫
何勝手に戸籍取り寄せ
てんだ!
 
 

あまりの剣幕にとりあえず謝ろうとした
時、離婚カウンセラーに


カウンセラー
いいんだよ!自分の
戸籍なんだから自由
に取り寄せていいん
だよ!

と言われてハッとしたことがあります。
当時の私は離婚しようとしているにもか
かわらず、元モラハラ夫の言うことは
正しくて元モラハラ夫の言うことを聞い
ていれば離婚できるんだという異常な思
考に陥っていました。

その考えがすでにおかしいことすらわか
らなかったのです。

そこではじめて


鈴木

私は何一つ自由じゃなかったのか

ということに気がつきました。
その後もいろんな人に諭されていくうち
に元夫はモラハラで私は依存していたと
いう関係を知ることになりました。

夫からの「条件づけ」は「脅し」と一緒です


私のサロンにも夫に離婚したいと告げた
時、

 


モラハラ夫
子供を置いていったら離婚してやる


とか


モラハラ夫
慰謝料は払わないからな

などと無茶苦茶な条件を出してくる夫
のせいで離婚したくても出来ないけど
どうしたらいいのかというご相談を
受けることも少なくありません。

それはまず勝手に夫側が言い出している
ことだということに気がついてください。

そんな法律はありませんし、それを守ら
なかったからといって離婚に不利になる
ことはまずないでしょう。

心配なら無料離婚相談などで確認するの
してみてください。
きっと「そんなことありません」と言わ
れるはずです。

そして一番大切なのは夫からの「脅し」
に近い「離婚条件」に屈しないでくださ
い。

モラハラ夫が出してくる無茶苦茶で自分
勝手な要求は、自分がいいように扱える
存在がいなくなると自分が困るので何と
かそばにいさせようするモラハラ夫の特
徴の一つです。

あなたにやさしくしてくるのも一緒です。
今までと違う態度で接してくれる夫に
「この人はわかってくれた。変わってく
れる」と思いがちですがそんなことは決
してありません。

あなたに逃げられないようにするために
謝ったり、脅したり何とかしてくるで
しょう。

それは全てあなたとやり直したいという
ことではないことも知ってください。

ただただ自分の所有物が取られるのが
嫌なだけの子供と一緒なんです。

あなたは自由です。


あなたは夫の暴力や暴言、経済的DVや
夫婦間の性的関係の強要から逃れられな
いと思い込んでいませんか?

それは間違いです。

あなたの未来、あなたの人生はあなたが
決めていくものです。
誰かに決められることは何一つありませ
ん。

あなたの思考、感情、身体、スピリット
すべてはあなたのものだということを
知ってください。


「今」と変わらない未来をずーっと死ぬ
まで過ごすしか生きていけない。

そんな風に思っているのならそれ以外の
未来をあなたは選択できることを知って
ください。

どうやって選ぶの?
私にもできるの?

そんな風に思えるのならもう未来を選択
していることになります。大丈夫です。
あなたは自由です。

Follow me!